awsの監視ツールはどのようにして選ぶのが良いのか

awsを運用する上ではサーバーを常に監視して高いパフォーマンスを維持することが重要になります。そのために役立つ監視ツールはどのようにして選んだら良いのでしょうか。そもそもawsの運用の際に監視ツールを導入することが本当に必要なのかという点から考え、どんなツールが望ましいかについても十分に考察をしてみましょう。

awsは使える?監視サービスを始めとしたサービスの魅力と利用料金

awsに監視ツールは必要なのか

awsを利用するときにそもそもサーバー監視ツールが必要なのかをまずよく考えてみましょう。サーバー監視ツールとはサーバーの動作を常に監視するためのツールで、きちんとサーバーが高いパフォーマンスで動作できる状態かどうかを見極めるのに役に立ちます。

ツールによって機能にも違いがあり、どんな情報の取得ができるか、どのような分析が可能かはツールの選び方次第で大きく異なるのが実態です。高機能なツールの場合には独自のアルゴリズムで将来的に起こり得るトラブルを予期できるような解析機能が付いていることもあります。

このようなツールが必要かどうかはケースバイケースですが、きちんと監視をしていないと業務に支障が生じるリスクが高いのでツールを使って監視する体制を整えているのが一般的です。サーバーが安定して動作するようにしておかないとそのサーバーをベースにしておこなっていることが全て破綻してしまうことになりかねません。

業務システムがサーバー上にある場合には動作が不安定になると業務に支障が生じるのは明らかでしょう。顧客に使用してもらうシステムをサーバー上に構築している場合には顧客がシステムを利用できなくなって不満を抱えることになってしまいます。

awsで割り当てられているサーバーを監視することにより、そのサーバー上で使用しているシステムを安定的に動作させられるようになります。アマゾンでもawsの母体については監視をしていますが、基本的には割り当てられたストレージなどについてはユーザー側が監視する義務を負うようになっています。

そのため、安定して使えるようにするためには監視体制を整えることが必要なのです。監視ツールを使用するのは効率的に社内で監視できる体制を作り上げる上で有力な選択肢なので、通常は必要なものだと考えると良いでしょう。

awsには監視ツールがある

awsを運用する上での監視ツールの選び方について考察する前に知っておきたいのが、awsのサービスの一つとしてサーバー監視ツールが提供されていることです。

awsに特化したサーバー監視ツールなので使い勝手が良いということは容易に想像できるでしょう。Cloud Watchという名前のサーバー監視ツールで、かなりの範囲が自動化されているのが特徴です。

異常の検知に特に力を入れているツールになっていて、想定の範囲内の異常であればその場で自動復旧をしてくれるようになっています。リソースのリアルタイムでの監視に加え、ログを集めて監視することもできる他、特定のイベントに対してプログラムされたアクションを実行させることも可能です。

よく起こるトラブルに備えて条件を設定しておき、その条件を満たすイベントが起こったら速やかにトラブルシューティングをするというシステムを構築することができるのです。また、Cloud Watchはawsのサービスなので必要に応じて申し込むだけでツールのインストールなども一切必要なく使用開始できるという点でも優れています。

aws内の他のサービスとの連携もできているので使用する監視ツールとしては有力候補でしょう。

外部の監視ツールも使える

awsのサーバー監視には他のツールを使用することもできます。awsのサービスをあえて使用しないのには二つのメリットがあるので覚えておきましょう。一つ目はCloud Watchは結局はawsのサーバー上にあるツールなのでアマゾンの方でサーバートラブルがあった場合には使えなくなるリスクがあります。

インストールされた監視ツールがあれば少なくとも割り当てられているサーバーが正常か異常かは判断でき、アマゾン側に問題があるのかを見極めることはできるでしょう。そして、アマゾンのサーバートラブルとは無関係だったとしたら改善できる可能性も十分にあります。

もう一つのメリットはコストを抑えやすいことで、ソースが公開されているサーバー管理ツールを使えば実質的には無料です。Cloud Watchは無料で使える部分もありますが、高度なことをしようとすると基本的には課金しなければなりません。

外部ツールの中から使いこなせるものを見つけ出せれば高いコストパフォーマンスで運用できるのは明らかでしょう。

社内状況に応じた選択が必須

awsのサーバー監視ツールを使うべきか、外部のツールの中から適切なものを選ぶべきかはケースバイケースです。特に大きな影響を与えるのが社内状況で、どのようにawsを運用するかと監視ツールを使いこなせる社内エンジニアがいるかという点から判断しましょう。

常時監視が必要なほど積極的なawsの運用をするのなら監視体制を整えることは必須です。そのために活躍できる社内エンジニアがいて、スキルが十分にあるのなら外部ツールを選定してカスタマイズしていった方がコストパフォーマンスが高くなります。

しかし、優秀なエンジニアがいないのなら使い勝手の良さを重視してCloud Watchを使った方が無難です。また、一時的な不具合が発生する程度であれば特に問題はないというケースもあります。その場合にはサーバー監視ツールをそもそも使わないというのも選択肢の一つです。

トラブルの際には業者に依頼して修理してもらうという形で運用することもできるからです。ただ、その日のうちに改善をしてくれるとは限らないため、本当に数日くらいawsを使えなくても大丈夫なのかは慎重に吟味する必要があるでしょう。

場合によっては考えておくべき外注

サーバー監視ツールを使ってawsの動作を良好に保てるようにするにはいずれにしてもエンジニアの力が必要です。そのスキルの高さや経験の豊富さによってツールを選ぶことが重要ですが、そもそもエンジニアがいないのでツールの運用が難しい場合もあるでしょう。

awsを使うために新たに人材を雇い入れることも困難というのなら外注で監視をするのも良い方法です。その場合には外注先が指定するサーバー監視ツールをインストールすることになるのが一般的なので、安易に先にツールを決めてしまわないようにしましょう。